最新医療で健康な生活

ベースサプリメントを見直そう

 

TVや雑誌、ネットなど、各メディアで取り上げられている健康食品やサプリメントの数はいまや膨大だ。
人々の健康への関心がそれほどに高いことの証であるし、また、言い方を変えれば、それだけ多くの人が健康に不安を抱えているということでもある。

 

専らメディアで宣伝されるのは

 

・疲れ目に効く
・脂肪燃焼を促進する
・コレステロールを下げる
・物忘れしなくなる
・血圧を下げる

 

といった、ある目的をもって摂取される機能性サプリメントが大半を占めている。

 

それらのサプリメントを用いれば確かに、実際に今、血圧が高かったり、視力の衰えを感じていたりという症状がある人々はその効果を実感するのだから機能性サプリメントを摂取すること自体が悪いわけではない。プロペシアジェネリック

 

だが人体の機能は、多伎にわたる絶妙なバランスの上に成り立ち互いに連携しあって働いているもの。
そして、健康とは身体全体のあらゆる機能の均衡が保たれた状態なのである。

 

その観点からいうと、身体全体の調子を整える、つまり身体の機能がどれもきちんとその役割を果たせる状態にすることを心がけるのが健康への近道ということになる。
風邪で例えると、我々一般人にも納得がいきやすいかもしれない。

 

誰もが一度は引いたことのある風邪は、そのウィルスが我々の体内に入ることで発症する。

 

風邪は空気感染するので、流行する季節になると、そこらじゅうにウィルスが漂っておりそれをひとつも体内に入れないなんてことは、マスク、手洗いだけでは、到底不可能だが、実際には、風邪にかかって寝込む人、ちょっと寒気がしたけど1日寝たら治ったという人、まったく風邪を引かない人など、結果はさまざまである。

 

これを一般的に、抵抗力が強い、免疫力が高いなどというわけであるが、この違いはどこから来るのか。
それが、先に言った身体の機能がどれもきちんとその役割を果たせる状態かどうかということになる。

 

そして、その状態を作るのに欠かせないのが各種のビタミンやミネラルなのだ。
ビタミンとミネラルは互いに連携して体内で働き、どれかひとつだけ大量に摂っても、不足している成分に歩調を合わせてしまい、摂った分が効率よく使われない。プロペシアジェネリック

 

バランスよく、満遍なく常に摂取することが身体の機能をうまく働かせるポイントである。

 

だから、今の自分の状態がどうなのか見据えた上で、地味ではあるけれど、マルチビタミンやビタミン+ミネラル、マルチミネラルなどのベースサプリメントを、機能性サプリメントだけに目を奪われる前に、ぜひもう一度見直してみてほしい。

 

ある夕方、大学進学を機に遠方で一人暮らししている子どもからLINEでメッセージが届いていました。

 

「扁桃腺周囲膿瘍で入院することになりました。いま大学病院です。もう切開して膿を出して今は病室で点滴を受けています。
一週間くらいの入院になるようです。喉以外は全然問題なく元気です。入院に必要なものはお友達が後から運んできてくれますので大丈夫です。
心配しないでください」

 

こんなメッセージをもらって、心配するなと言われても無理ですよね(苦笑)もうあわてました!健康だけがとりえだったような子が、入院?!切開?!点滴?!一週間?!大学病院?!今、ベッドの上〜?は〜!

 

ちょっとしたパニックでしたね(苦笑)病室ですから携帯に電話を入れるのもはばかれるかもしれない、でも心配!あぁ・・・つきそいに行かなきゃ!と頭の中は嵐が吹き荒れ震える指先でなんとかLINEで「すぐに行くから!朝一の飛行機で行くから!」とメッセージを送りました。プロペシアジェネリック

 

すぐに子どもからメッセージが帰ってきました。「いや、ほんとに喉以外だいじょうぶで普通だし、点滴はずっとつけてるけど点滴つけたままトイレも行ってるし、パソコンで洋画ばっかり見てるし〜来なくていいよ〜」と。

 

そう言われても心配です。「いや、やっぱり明日すぐ行くから!仕事は休むから!」と送信。「いや、ほんと、全然だいじょうぶだから」と何度も必要ないと言われてしまいました。そしてベッドに横になってるけど元気そうな写メも送られてきました。

 

実際、急に仕事は休みにくかったので、後ろ髪を引かれる想いをずっと抱えたままで病院には行きませんでした。
そのかわり毎日電話やLINEで様子をしつこいくらいに聞きました。プロペシア通販

 

喉の切開箇所以外は健康体なので、本人は一週間の入院中とても退屈したらしいですが、小さいころから元気で大きな病気もしたことのない子でしたから親としての驚きは大きかったです。

 

一週間の入院で全快して無事に退院することができました。退院時の清算では13万ほど支払いましたが、その後高額医療の還付制度でかなり戻ってきました。
家族が非常事態になってはじめてわかった健康と医療保険のありがたみでした。

 

私は、2人目の妊娠の時に、早産の危険性がありました。
その時に対処することができたので、医療機関にはとても感謝しています。

 

それは、私が働いていたことで、少し無理がかかり、早産しそうになったものでした。
妊娠7ヶ月の時、働いていると陣痛のような痛みがあったため、病院を受診することになりました。

 

その時は、一時的なものだろうと思っていたので、受診して早産をしそうな状態であると、医師から聞かされた時は、相当なショックを受けました。
それは、早産をしてしまうと、赤ちゃんの命が助かるかどうかわからないからです。ヘルペス薬バルトレックス

 

そしてその危険性があることから、手術を行うことになりました。その時、主人もとても心配をしていました。
妊娠をするということは、自分自身の命と赤ちゃんの命と両方のことを考えて、行動することが大切となります。

 

そのため、そのことができていなかったことに対して、とても反省をしました。
手術が終了し、しばらく安静でいるために、入院する事になりました。

 

その手術は、子宮の入口を縫縮する事により、赤ちゃんが早期に出産できないようにするものです。

 

その後、安静期間が過ぎて、予定日に無事出産することができました。
普通のまるまるとした赤ちゃんを出産することができて、その時始めて心から、安心することができました。

 

その後、3人目を妊娠した時は、無理をしないようにと思い、普段の生活について、できるだけ安静を保てるように、主人やその他の人に対して協力を依頼しました。そして今では、3人ともすくすくと大きくなり、その時のことが嘘のように元気に育っています。レビトラ効果

 

私はその早産しそうになった時、医療機関で助産師さんから指導を受けて板にも関わらず、安静を保つことができなかったことを、
とても反省しています。医療機関で受ける指導内容については、その人の命を守るための大切な内容と思って、
真剣にとらえ、行動することが大切であると、改めて感じることができました。

以前仕事で外出し車にて移動中倒れてしまい、救急車で病院へ運ばれた事がありました。
ずっと健康でその日も身体に異常は無かったのですが急にめまいがして全く動けなくなってしまったのです。

 

薄れる意識の中、車を停めなんとか救急車を呼んだのですが救急車が来た頃には意識を保つのも限界に達して、気づいた時は病院のベットの上だったのです。
数日後、検査の結果が出たのですが原因は疲労で三半規管からきている症状です。

 

回転しているかのような強いめまいと吐き気が絶えず訪れしばらく動くことすらできませんでした。
入院は一ヶ月にまで及び、色々な方に迷惑をかけましたし今まで頑張ってきた事も一瞬で水の泡になってしまったような気がします。カンジダ薬

 

この出来事は「若い」という過信からきたもので、無理をして頑張っても知らない内に身体は悲鳴を上げているという事を証明しているのではないでしょうか?
そう感じた私はそれから自分身体を大事にするよう考えを改めていきました。

 

普段あまり行かない病院にも足を運び、早期治療で健康を維持するよう努力しているのです。
医療というのは、実際身近に存在するのですが利用する事があまり無かったのでほとんど無知の状態で生活をしてきました。
それがいけなかったのかもしれません。

 

感染性腸炎などにかかった時も診察しお薬をもらったらしばらくして完全に回復しましたし、最近では今まで何をしていたんだろうと思うほどです。
楽しい生活をする事と医療は密接なつながりがあります。クラミジア薬

 

むしろ医療という後ろ盾がいつもあるからこそ、私たちは安心して生活できるという事ではないでしょうか?
最近では医療の最新技術などもインターネットを含む色々な場所で目にする事がきでます。

 

買い物や旅行、老後などたくさん考える事はありますが、自分のプライベートの一部を少し割いて医療に関する情報を得ておくのも大切な事なのかもしれません。

 

健康でいられるというのは本当に幸せ、それを今回の入院で教えてもらったような気がします。
これからはその健康を維持するために医療に関心を持って生活をしていきたいと思います。

真ん丸い顔をしていた下の子が昨年17歳になるころからどんどん細くなっていきました。
いっしょに暮らしているのでなかなか分かりづらく、やせたな〜ってはっきり分かる頃には多分5キロ以上体重が落ちていたのではないでしょうか。

 

食べないわけではないですし、どこかが痛いというわけでもないようです。
第二次成長期も落ち着いてきてお年頃なのかな?とも思いましたが、顔はどんどんシャープになっていき制服のズボンがブカブカになるしまつです。

 

様子を見ていると、三食きちんと食べていますが、間食を全くしなくなっていることに気がつきました。夕飯を食べたあとはすぐに歯磨きをしてベッドに横になってPCで動画を見ています。お菓子を「食べる?」とすすめても「もう歯磨きしたから」と断られます。

 

一年近くたったころは10キロは体重が落ちていたと思います。目もギョロとした感じになりはじめ、ある時ベッドから起き上がって歩き始めたとたん後方にフラフラとバランスをくずして尻餅をつく格好になりました。その様子を目撃した私は血の気が引くほどびっくりして駆けつけ抱きかかえました。

 

ベッドから起き上がってすぐだったので起立性低血圧かもしれないとは思いましたが心配です。
やせはじめたころからネットで度々調べてはいましたが「甲状腺機能亢進症」ではないかなともますます疑いはじめました。

 

本人は「元気だよ〜。歯磨きしたあとは食べたくないだけだよ〜」と明るく言いますが、こうなったら病院でキチンと調べてもらう他ありません。
血液検査の予約をいれて親子で診察室で医師に相談しました。

 

先生にいろいろ相談して血液検査の結果を待つことに。結果は別段問題はありませんでした。
甲状腺機能亢進症の疑いもないし、その他の数値も正常でいたって健康体でした。

 

血液検査の結果ですからいちおう安心はしましたが、なぜ頑なに食事のあと歯磨きしたら間食を一切しないのか気にかかっていました。
問いただしてみると、歯周病の番組を見て怖くなりそれ以来歯磨きをすぐするようになった、とのこと。
そして一度歯磨きしたらまたするのが面倒なので間食をしなくなったのだとか・・・・

 

その結果一年間で10キロ落ちたのであれば、「歯磨きダイエット」として本でも書いたらどうかと思いますけどね(苦笑)

 

いまはきちんと体重を定期的に管理してこれ以上の減少がないようには気をつけさせています。
なにはともあれ、健康面で不安なことがあったら医療機関で相談するのが一番ですね。親としてハラハラと不安な気持ちにさせられた一年間でした。